岡山市で注文住宅を建てるのにおすすめ!人気のハウスメーカーを比較してご紹介しています。

上手な注文住宅の予算の決め方

公開日:2021/02/15  最終更新日:2020/11/04

岡山市で注文住宅を建てたい方にとって、最初に直面する課題は予算を立てることです。どの程度の間取りにするか、建材や断熱や屋根材、各種設備のグレードも限られた予算の枠内に収める必要があります。完成後は住宅ローンの長期間にわたる返済が控えていることも考えると、かなり厳密に計画することが求められます、

注文住宅の建築は綿密な資金計画から

岡山市で注文住宅を建築するには、相応の金額を前提にした資金計画が必須です。実際に注文住宅を建築した方の費用相場は年収の5倍程度の金額とされています。全国の事例を対象にしたデータでは、年収の平均は660万円ほどになるので、単純に計算すると3300万円ほどになりますが現実には4100万円強の金額となっています。

となると年収の5倍を超えたレンジでも注文住宅を施工できると考えられます。しかし自己資金の厚みが1500万円強と、頭金に回せる現金を確保していることを前提にしていることには注意を要します。加えて終身雇用制度や定期昇給などが事実上消滅した現在の雇用状況を踏まえると、シビアに資金計画を検討する必要があります。

現在は年収が高いとしても、それが定年満了の年齢まで維持される保証はどこにもありません。病期やリストラなどに直面して住宅ローンを支払えなければ、数か月の延滞で家を手放すことが現実化することになります。予想のつかない将来に備えて注文住宅の購入にあたっては資金計画に余裕を持たせたいものです。

自己資金を確保できているとしても、すべてを頭金などに回すのではなく、予備の生活費などに回せるように確保しておきましょう。少しでも現金を残しておけば精神的にも安定するはずです。マイホームに理想を反映できるのが注文住宅のメリットですが限界があることも自覚しておいてください。

当初は予算計画はオーバーしがち

岡山で注文住宅の予算計画のファーストプランでは、予算オーバーすることがほとんどです。予算の枠内に収めるには、どこかでコストダウンを図る必要があります。住宅は柱や梁などの基本構造と、外壁や内装・断熱材などの住宅性能に関する部分、そして水回りや空調などの設備機器類から構成されています。

コストカットしても影響が少ないのは、設備機器類です。最新の住宅設備などで揃えたいと考えるかもしれませんが、キッチンやバスルーム・トイレなどは少々型落ちしていても実際の機能ではほとんど変わりはありません。また天井や内壁・床などの仕上げ部分も、グレードダウンしてコストカットは可能です。グレードを下げてもデザイン性に優れた素材も数多く販売されているので、一度チェックするべきでしょう。

反対にコストダウンするわけにはいかないのが、柱や梁などの住宅の基本構造にかかる部分です。直接耐震性能に影響するため、コストカットするのは困難です。断熱材や窓・壁面などもあまりコストダウンすると空調効率が落ちて光熱費がかさみ、夏場や冬場など過酷な季節での快適な日常生活が難しくなります。

間取りや建築面積の減少などは、資金計画そのものを変更することになるので最後の手段と心得ましょう。せっかくの注文住宅が、敷地面積を狭くしてしまうと居住性能が著しく低下することになるからです。

費用の内訳を具体的にイメージする

岡山市で注文住宅の夢を実現するには、具体的に費用の具体的内容を想定することが有益です。住宅購入費は概ね3種類から構成されています。まず予算の70%以上を占める建物全体の費用、そして予算全体の15から20%程度を占める付帯工事費用、残りの5から10%程度ほどは諸経費になります。

仮に土地探しから始めるとなると、土地購入費用も加算されます。土地購入費は契約成立時に全体の価格の10%ほどを手付金として支払い、決済時に残金の90%を支払うのが一般的です。建物本体工事は、仮設工事に基礎工事や屋根工事などいろいろな工程が積み重なっているので、本体工事の費用割合が最も多くの部分を占めているわけです。

付帯工事などは住宅の水回り設備や空調機器の設置、インテリア関連などを含みます。工事の最終局面で実施される外構工事(エクステリア)は軽視されがちですが、あまりに予算が足りないとでき栄えがみすぼらしく、駐車スペースも青空駐車場になってしまい使い勝手が悪いマイホームになってしまいます。

諸経費では住宅や土地を購入したことに随伴する手数料や税金などです。具体的には不動産会社への仲介手数料、所有権移転登記などの登記費用、火災保険などから構成されています。この部分はあまり圧縮できない、固定費ともいえる部分なのでコストカットするのは難しい費目といえます。

 

岡山市で注文住宅を建築するには、資金計画はシビアに計画する必要があります。当初は理想や希望を詰め込みがちで予算オーバーすることもよくあります。コストダウンできる各種設備類と、コストダウンするのに向かない基本構造など、メリハリをつけて負担と家計を両立できる資金計画を立てることをおすすめします。

注文住宅会社おすすめ5選

イメージ
会社名カバヤホームヘルシーホーム一条工務店アイムの家クレバリーホーム岡山南店・総社店
特徴木にこだわり、人と環境に優しい住まいを提供! 地域密着で5,000件以上の土地物件情報を保有健康と安心が長続きする高性能な家づくりを提案インテリアコーディネーターが理想のくらしを実現!設計・技術・提案のすべてが群を抜いて先進的!
詳細リンクもっと詳しくもっと詳しくもっと詳しくもっと詳しくもっと詳しく

おすすめ関連記事

サイト内検索
記事一覧