岡山市で注文住宅を建てるのにおすすめ!人気のハウスメーカーを比較してご紹介しています。

注文住宅を購入するときに必要な費用とは

公開日:2020/11/01  最終更新日:2020/10/30

岡山市内で土地を購入して注文住宅を建てたいとき、まず調べなければならないのは費用に関することです。注文住宅を手に入れる過程で、どのような費用が必要になるのかを知らなければ、予算を立てて資金の準備をできません。購入手続きを始めた後に資金不足に陥ることがないように、必要な費用は前もってきちんと調べておきましょう。

土地の購入時には本体価格以外にもたくさんの費用が発生する

岡山市で注文住宅を建てる場合、市内に土地を所有していない場合は建てたい住宅に最適な土地を見つけて購入しなければなりません。このとき必要なお金のうち、大半を占めるのはもちろん土地の購入代金ですが、それ以外にもたくさんの費用が発生します。

必ず発生する費用としてまず挙げられるのは登記代、測量費、不動産取得税です。登記代は、土地の所有権や抵当権に関する登記手続きで発生するお金のことで、登録免許税と手続きを代行する司法書士への報酬から成ります。測量費は、建築確認申請を行うにあたって必ず実施する現況測量とよばれる作業を業者に依頼するのにかかるお金です。不動産取得税は、土地や建物を取得する行ためをする度に納税義務が生じる税金で、土地の分は固定資産税評価額を課税標準として税額が決まります。

また、取引をした時期によっては固定資産税の精算金が発生します。通常、固定資産税は1月1日の時点で所有している人に納税義務がありますが、所有権が移動した年の分は所有期間に応じて売主と買主が日割りで負担しあうのが慣例となっています。土地が都市計画区域内にある場合は、都市計画税の精算金も同様に負担します。

もし、不動産会社に土地探しを手伝ってもらった場合は、売買契約が成立した段階で仲介手数料を支払う義務が生じます。仲介手数料はトラブル防止の観点から、契約時に請求金額の半分を支払い、残りは引き渡しの際に支払うのが一般的です。また、契約時には書面に収入印紙を貼りますが、この印紙の代金(印紙税)も購入者の負担になります。

建物の取得にあたって必要な費用にもたくさんの種類がある

土地の取得手続きが終わると、その上に住宅を建設するための準備が本格化します。そして、その過程で建物の本体代金以外に発生するお金の内訳は、土地を購入するときに土地代金以外に必要なお金より種類が多いのです。

まず、土地の取得時に必要だった不動産取得税や登記代は、建物の取得時にも必要になります。どの費用も算出方法は土地の取得時と基本的には一緒ですが、住宅に対する税制上の特例措置を適用する条件を満たしていれば不動産取得税がゼロになる場合があり、登記代についても登録免許税が減額される分だけ安くなる場合があります。固定資産税精算金も取得時期によっては発生する場合がありますが、税の減額の特例によってあまり大きな金額にならないことが多くあります。

建物の取得時のみに発生する費用としてまず挙げられるのは建築確認や中間検査、完了検査の申請費用です。これら3つの検査は建築基準法に基づいて必ず受けなければならないもので、検査を実施する機関に対してお金を支払います。

また、建設工事の開始前に行う地鎮祭や竣工後に行う上棟式のための費用も必要です。これは工事を行う会社から請求されるお金の中に含まれることが多くありますが、施主自身で会場や神職を用意する場合は、当然そのためのお金が他の費用とは別に必要となります。竣工後の内覧会に、工事に無関係な専門家を最終チェックのために立ち会わせたい場合は、彼らに支払う報酬も用意しなければなりません。

必要な費用の大半は住宅ローンで賄うのが一般的

注文住宅の購入には、どんなに安く済ませようとしても土地と建物を両方あわせて数千万円はかかります。一般のサラリーマンや公務員は、このような多額のお金を現金で用意するのはまず不可能なので、金融機関の住宅ローンを利用して資金を賄うことになります。岡山市内に注文住宅を建てる場合は、市内の銀行や信用金庫から融資を受けることになるでしょう。住宅ローンの融資が実行されるのは、土地も建物も購入者に引き渡されるときです。

しかし、注文住宅の場合は申し込む段階ではまだ建物は完成していません。このままでは住宅ローンの融資実行の条件を満たさないので、金融機関では建物が完成するまでの間に業者に支払うお金をつなぎ融資とよばれる方法で調達します。このときの融資金は、住宅ローンの融資実行後すぐに一括で返済されます。

住宅ローンに申し込む際に注意が必要なのは、借りられる金額は必要な資金の8割から9割程度とされている場合が多いということです。残りの1割から2割の資金は、頭金として現金で用意しなければなりません。ただし、今日では必要な資金を全額借り入れることも認めている金融機関もあるので、頭金が用意できる見込みがない場合はこのような金融機関を探し出して相談をしてみるとよいでしょう。

なお、住宅ローンに申し込むと融資事務手数料や保証料、火災保険料などが発生するので、他の費用とともに支払えるようにきちんと準備しておく必要があります。

 

岡山市内で注文住宅を購入する際には、土地と建物それぞれの代金のほか、登記代や不動産取得税、固定資産税精算金、建築確認申請代などたくさんの費用が発生します。必要なお金は金融機関の住宅ローンで賄うのが一般的ですが、金融機関によっては資金の一部を頭金として用意しなければならないので注意しましょう。

注文住宅会社おすすめ5選

イメージ
会社名カバヤホームヘルシーホーム一条工務店アイムの家クレバリーホーム岡山南店・総社店
特徴木にこだわり、人と環境に優しい住まいを提供! 地域密着で5,000件以上の土地物件情報を保有健康と安心が長続きする高性能な家づくりを提案インテリアコーディネーターが理想のくらしを実現!設計・技術・提案のすべてが群を抜いて先進的!
詳細リンクもっと詳しくもっと詳しくもっと詳しくもっと詳しくもっと詳しく

おすすめ関連記事

サイト内検索
記事一覧