岡山市で注文住宅を建てるのにおすすめ!人気のハウスメーカーを比較してご紹介しています。

一条工務店の画像1

社名 下津井電鉄株式会社
所在地 〒700-0923 岡山市北区大元駅前3番61号
TEL/FAX TEL:086-233-8811
FAX:086-233-0083
代表者 永山 久人
資本金 2億8千万円
業務内容 旅客自動車運送業(乗合・高速・貸切)、住宅・不動産業、レストラン、 釣具販売など

おすすめポイント健康と安心が長続きする高性能な家づくりを提案

全国規模で展開する一条工務店は、岡山市内にも数々の展示場を構える、大手ハウスメーカーです。一条で建ててよかった、と言ってもらえる家づくりを目指しており、そのために「家は、性能。」というキャッチフレーズを掲げ、優れた機能性を持つ住宅を造ることに取り組んでいます。

そんな一条工務店は、どんなこだわりで注文住宅を建てているのでしょうか?

自社グループ工場の生産率80%で高品質なマイホームを実現

一条工務店の画像2

一条工務店では、自社グループ工場で注文住宅の大部分を生産し、高精度に組み立てたものを出荷しています。コンピューター制御によって、全自動のプレカットシステムや、専用の組み立てラインを導入しており、現場施工では難しい作業も可能にし、高い性能を兼ね備えた住宅を造り上げていますが、それには次のような工夫が盛り込まれているので見てみましょう。

壁パネルや断熱材も自社工場で生産

一条工務店は、断熱材などの素材の製造も、自社グループ工場で行い、独自の品質維持の方法を確立しています。現場施工では、品質確保が難しいとされる壁や窓も、工場で先に組み立ててから現場へ持ち込み、この工程によって気密性といった性能を確保することに繋げています。

自社グループ工場で生産するメリットとしては、高い施工精度が実現しやすくなるため、より気密性を上げられることや、断熱材に複雑なカットをしやすくなるといった、技術的な問題を大きくクリアできることが挙げられるでしょう。また、全館床暖房も邸別に配管できるほか、全巻換気システムも風量調整したうえで出荷しています。

工場で釘の位置を指定

釘打ちは、強度を左右する重要なポイントのひとつですが、一条工務店では、現場で釘を施工する位置に、工場でマーキングしておき、釘の施工間違いや打ち忘れを未然に防いでいます。

そして施工ピッチは、密度が高く、一般では外周150mmピッチ、内周200mmピッチなのに対して、一条工務店は、外周75mmピッチ、内周100mmピッチと、非常に狭い感覚で打ちつけていることが、おわかりいただけるでしょう。

最新のテクノロジー技術を駆使したツインモノコック構造

一条工務店の画像3

一条工務店では、全棟耐震等級において最高等級3に認定された、ツインモノコック構造を、自社の注文住宅に施しています。この技術は、壁、床、天井を結びつけ、箱型のツインモノコック構造にすることによって、巨大地震が引き起こす強い外圧を、面で受け止め、分散する機能を持っており、その優れた性能によって高い強度を実現しました。

箱型のツインモノコック構造

大地震が来ても、ゆがみが起きにくいツインモノコック構造には、その仕組みに秘密があります。これまでの木造軸組工法だと、外圧の力を、柱が交わる点でキャッチしていましたが、これだと接道部分へのダメージが集中するという課題がありました。

それをクリアするために、各階を六面体の箱型パネルで構成し、その力を面でキャッチすることで、外圧の力を分散できるようになり、耐震性を向上させた、ゆがみの生じにくい住宅が提供できるようになったのです。

大地震に強い耐力壁

耐力壁とは、建物の強度を支える壁のことで、壁倍率という単位で、その強さを表します。一条工務店の家は、建築基準法の認定上の上限値となる「壁倍率5倍」という、強力な耐力壁を取り扱っており、一般的な住宅の壁だと壁倍率はおよそ2倍となるので、その差は圧倒的でしょう。

また、その耐震壁も、配置が間違っていれば正常に機能しません。揺れに耐える強さの中心となる剛心と、建物の重さの中心になっている重心というものがあります。

対して、重心と剛心のズレは偏心と言い、ズレのレベルは偏心率としています。この値が大きくなってしまうと、地震の際に建物がねじれやすくなり、耐震性が低くなってしまうでしょう。

一条工務店では、この偏心率をできるだけ抑えるために、社内基準を厳格にして設計し、バランスよく耐力壁を配置しています。

一条工務店の画像

一条工務店

健康と安心が長続きする高性能な家づくりを提案

公式サイトで詳細を見る

圧倒的な断熱性を誇る高性能ウレタンフォームを使用

一条工務店の画像4

一条工務店が使用している断熱材は、夏も冬も快適な室温を保つ、高性能ウレタンフォームというもので、これは一般的に使用されているグラスウールの、およそ2倍にもなる断熱性となっています。この優れた機能によって、冷暖房費も大幅に抑えられるので、夏冬の気温が厳しい季節は、重宝することでしょう。

湿気に強く劣化しにくい

断熱材にとって大敵となる湿気ですが、高性能ウレタンフォームは湿気に強く、変形も起きにくい長寿命の断熱材となっています。しかしグラスウールのような繊維系の断熱材は、結露などが原因で湿気を含むことがあり、その水分を熱が通過して断熱性を低下させるという弱点がありました。さらにその水分の重みに寄って変形し、壁内に隙間を作ってしまって、さらなる性能低下に繋がるという負の連鎖を起こしてしまいます。

独自の厚み

一条工務店は、高性能ウレタンフォームを自社グループ工場で生産し、一般では流通しない最大140mmの厚さのウレタンフォーム製造を実現しました。一般的なグラスウールは、これの2倍にもなる厚さですが、薄くしたことで居住スペースを確保できるでしょう。自社規格サイズの高い精度で成型して壁に配置できるのも、工場生産によるメリットです。

外内ダブル断熱構法

さらに壁パネルには、構造用合板を挟む形で高性能ウレタンフォームを使用し、ほかには天井と床にも用いることで、魔法瓶のような断熱性を持った住宅となります。この外内ダブル断熱構法は、国が規定する次世代省エネルギー基準の断熱仕様と比較すると、2.5倍以上の熱をセーブする壁構造となっています。

施工事例

こちらの注文住宅を建てた方の場合は、すでにリビングに置きたい家具が決まっていたことから、天井や壁が白でシンプルなデザインを希望していたようです。この写真を見ると、その希望通りの家になっていることが分かりますよね。

このようなシンプルな家なら、どんな家具にも合うので住む方のセンスを活かすことができます。ずっと住んでも飽きない空間をつくることができるでしょう。

リビングダイニングはシンプルで落ち着けるような空間となっています。このようなデザインに高性能を加えることで、居心地のよい家を実現しており、こちらの注文住宅を建てた方も家で過ごす時間が楽しみとのことでした。

また、茶道を楽しむために真壁和室を設けていることも特徴です。本格的な和室で和の雰囲気を感じることができますよね。

まずは「カタログ」を「請求」してみよう!

一条工務店は、自社独自の工場生産というこだわりで、機能性の高い住宅を造っていることがわかりました。もし気になることがあれば、一条工務店が扱っている商品のカタログや、オーナーへのインタビューを特集した「VOICE of ICHIJO」、インテリア実例集といったものを参考にするといいでしょう。

また、「i-tab」というオリジナルの電子カタログを無料レンタルしており、これによって家づくりにまつわる、さまざまな情報がチェックできます。このi-tabの体験版として、スマホから「i-tab lite」というサービスもあり、これは公式サイトからリーフレットを請求し、QRコードで視聴できるようになります。

一条工務店を利用した方の口コミ・評判を集めてみました!

ツイッターでは一条工務店を評価する投稿が多くありました。特に全館床暖房に関する投稿が多く見られ、中には冬でも半そで短パンで過ごせると述べている投稿者さんもいました。

こちらで紹介している投稿者さんも、全館床暖房に興味を抱いて住宅展示場に足を運んだようですね。また、光熱費が前の住宅よりも断然安くなったという投稿者さんもいました。快適かつ費用も抑えられる一条工務店は魅力的ではないでしょうか。

一条工務店の画像

一条工務店

健康と安心が長続きする高性能な家づくりを提案

公式サイトで詳細を見る
サイト内検索

注文住宅会社おすすめ5選

イメージ
会社名クレバリーホーム岡山南店・総社店カバヤホームヘルシーホーム一条工務店アイムの家
特徴設計・技術・提案のすべてが群を抜いて先進的! 木にこだわり、人と環境に優しい住まいを提供! 地域密着で5,000件以上の土地物件情報を保有健康と安心が長続きする高性能な家づくりを提案インテリアコーディネーターが理想のくらしを実現!
詳細リンクもっと詳しくもっと詳しくもっと詳しくもっと詳しくもっと詳しく